灼眼のシャナとは

灼眼 シャナ(灼眼のシャナ)とは高橋弥七郎氏著のライトノベルで、
電撃文庫から刊行されているんですね。
 
灼眼のシャナを原作として、漫画・アニメゲームも多数出てきています。
 
灼眼のシャナは学園小説であるところから、ファンも高校生を中心と

した若い人たちに多いと聞きます。
 
灼眼のシャナの原作は学園小説でイラストはいとうのいぢ氏が担当
して、2002年、電撃文庫から刊行されました。
 
灼眼 シャナはシリーズ累計で420万部を超える発売を誇るんです
ね。灼眼シャナがとうしてここまで人気があるのかというと、現実の
学園とかけ離れた世界を展開しているからだとも言われています。
 
灼眼のシャナのキャッチフレーズは「奇妙な学園ストーリー」という
ことで、原作者の高橋弥七郎氏は「痛快娯楽アクション小説」と
捕らえているんですね。
 
灼眼 シャナが中高生にうける理由のひとつとして、灼眼のシャナで
使われている独自の専門用語にあるといわれています。
 
灼眼 シャナ独特の世界観が展開されるところに、魅力があるので
しょうか。
 
灼眼 シャナの世界観を理解するには相当の時間もかかると言われ
ますが、若い人たちに似はごく自然な形で受け入れられるようで。
 
例えば、灼眼のシャナにでてくる語句で「存在の力」というのが
ありますが、これはこの世に存在するための根本的なエネルギー
であり、人間を含む動物や生命をもたない物質までが、全てもって
いると説いています。
 
かなり難解な表現だと思いますが、私流に言えば、この世に存在
する「気」と理解したいですね。
 
灼眼のシャナを現実の世界と照らし合わせて考えていくと分から
なくなってしまう。超現実というか。
 
灼眼のシャナでは存在の力の量が多い人間ほど、廻りに影響を
及ぼすというんですね。まるで哲学の世界です。
 
存在の力は炎によって象徴され紅世の徒はそれぞれが違った
炎の色を放つといわれます。ますます分からなくなってきました。
 
灼眼 シャナが若者に受け入れられる理由が見て取れるような
気がします。