灼眼 シャナ 漫画 アニメ

灼眼のシャナは2005年4月号から「月刊コミック電撃大王」で漫画
として連載が始まるんですね。
 
灼眼 シャナの漫画編は原作は高橋弥七郎氏、作画は笹倉綾人氏、
キャラクターのデザインはいとうのいぢ氏が担当します。
 
灼眼のシャナ単行本は2005年10月、2006年6月に発売に
なります。
 
2005年10月から2006年3月まで、灼眼 シャナのテレビアニメが
放送されました。
 
灼眼 シャナはインターネットでのストリーミング配信も行われ、
人気を博しました。現在でもDVDソフトとして発売されています。
 
灼眼のシャナのDVD編は原作のTからZを下地にして、オリジナル
にしています。
 
灼眼 シャナDVD編の第1巻には予約特典があって、「灼眼のシャナ
DVDまがじんT」にはギャグ番外編「しゃくがんのシャナたん」が収録
されています。
 
灼眼 シャナDVD編第5巻の予約特典には「しゃくがんのシャナたん
りたーんず」が収録されています。
 
灼眼のシャナの2006年10月に刊行されたアニメガイドブックには
ギャグ短編「頂のヘカテーたん」が収録されているんですね。
 
灼眼 シャナのテレビアニメのスタッフは原作と監修が高橋弥七郎氏、
イラストはいとうのいぢ氏が担当しています。
 
灼眼のシャナテレビアニメの主題歌はオープニングとエンディングに
分かれています。
 
オープニング 第1話から第16話は「緋色のそら」で、作詞川田まみ、
作曲は中沢伴行、歌は作詞もした川田まみです。
 
灼眼 シャナテレビアニメ編第17話から最終話は「being」で、
作詞・作曲はKOTOKO、歌もKOTOKOが担当しています。
 
KOTOKOって全く知りませんでした。灼眼のシャナを歌うことに
よって、人気が出たのですか?
 
灼眼のシャナテレビアニメ編エンディングの歌は
第1話から第14話までが「夜明け生まれ来る少女」で作詞は
高橋洋子、作曲 大森俊之 歌は高橋洋子です。
 
第15話から第23話までは「虹の静寂」で作詞 石田燿子
作曲 村上正芳 歌は作詞と同じ石田燿子なんですね。
 
灼眼のシャナテレビアニメ編は大変な人気を呼びました。